2020年4月12日日曜日

YouTubeチャンネル始めてます。

皆さん、こんにちは。
コロナウイルスの感染拡大の影響が世界中に影響が出ています。日本では緊急事態宣言が出され、対象地域は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県だそうです。終息はまだ見えませんので、外出を控えて、制限のある中で、自分ができることをしていくしかないですね。



私ごとですが、去年の暮れからYouTubeチャンネル:Hiro Tamuraを開設しました。動機は、ボサノヴァ音楽の創始者ジョアン・ジルベルトの音楽スタイルをもっと世に広めたい、分かち合いたいという思いです。
ジョアン・ジルベルトの音楽スタイルはシンプルです。基本的には声とギターの弾き語りです。一聴したところでは、聞き心地の良いソフトな音楽と思われるかもしれません。しかし、いざ、それを弾き語りしようとすると容易くないことに気づきます。音程をとるのが難しい微妙なメロディー、テンションを含んだ複雑な和音、シンコーペーションのある複雑なリズム、そしてジョアンの魅力は、歌とギターが、あたかも2人で演奏しているように聴こえる歌とギターの絶妙なコンビネーションにあることなのです。
これまでに、ジョアンの発表したいくつかの曲を採譜した楽譜集、ネットではジョアンの演奏した曲のコードヴォイシングを発表されているサイトが見受けられました。Youtubeでもジョアンの演奏をコピーした演奏を動画にしている方たちが見られましたが、自分も20年以上前からざっとコピーしてきた経験からすると、ジョアンの弾き語りでの素晴らしさ、それは、例えば、1コーラス目と2コーラス目ではメロディーが微妙にフェイクされていたり、バチーダを変えていたりして、その微妙なゆらぎが完璧なピッチと正確なリズムの精緻なコンビネーションの演奏で繰り広げられているところにあることは分かっていましたが、それを完璧に演奏、または楽譜に著している人はいませんでしたし、私もしてきませんでした。
そして、意を決して、私は完璧に採譜した楽譜をつくって、それを基にジョアンの演奏を再現してみようと思いました。その一番の動機は、何年も前ですが、何かの本でボサノヴァの楽譜集の草分けBossa Nova Songbookシリーズで有名なALMIR(アウミール)社の創始者Almir Chediak(アウミール・シェヂアキ)氏がジョアン・ジルベルトのソングブックを編纂し、ジョアンに確認を求めたことを知りました。リオで、Zé Renato(ゼー・ヘナート)氏のコンサートを観に行った時、開演前の客席にいるゼー・ヘナート氏にバッタリお会いしました。その時、隣に居たのがシェヂアキ氏だったのです。私のことを紹介してくださいましたが、シェヂアキ氏は大人しい方でニッコリ微笑んでいました。今思うと、お会いした時に、自分がボサノヴァの曲のハーモニーを知るのに、どれほどソングブックが役立ったかをお伝えしておけば良かったかと後悔しました。シェヂアキ氏は路上で強盗にあい、銃で撃たれて帰らぬ人となってしまったからです。シェヂアキ氏もジョアンのソングブックを世に出したかったんだと知り、彼の意志を継いでみたいと思いました。
譜面にはとても弱い自分ですが、楽譜ソフトFinaleを使って、少しづつ楽譜にしていきました。著作権がフリーの「Aos pés da cruz 十字架のもとで」をビデオと共にあげておきます。ジョアン・ジルベルト、ボサノヴァにご興味がある方の参考になれば幸いです。

2020年3月29日日曜日

事務所開設&オンラインレッスン開設

みなさん、こんにちは。令和という新しい元号の時代になりました。春になってから体調が崩れそうになるほどの何かエネルギーの高まりを感じていましたが、何か新しい時代の到来を感じています。知り合いのいろんな方からも元号が変わると世界は大きく変わると聞いています。

と、ここまで書きかけて忘れておりました。去年の5月です。今年はまさか、世界的にコロナウィルスの発生、流行に影響を受けた社会状況になっているとは夢にも思いませんでした。

以下、去年の5月にアップしようとした記事です。

そこで、私もピアノの物置き部屋となっていた6畳の部屋を整理し、ここを自分の個人事業主としての事務所として51日に開設しました。ヒーラーとしてボサノヴァを演奏する傍ら、この部屋を使って、今一度ボサノヴァの原点であるジョアン・ジルベルトを見つめ直し、ジョアンの発表した楽曲を11曲楽譜にし、さらっております。近々YouTubeで録画したものをアップする予定です。また、SkypeFaceTimeを使ったオンラインでのボサノヴァレッスンも開始予定です。

YouTubeの方はお陰さまで世界中から絶賛していただいております。今までしてきた努力が報われ、充足感を味わっています。ジョアン・ジルベルトの探究にかけては充分な裏付けを得ましたので、ボサノヴァを歌ってみたい、ギターを弾いてみたい、弾き語りをしてみたい方々のサポートができます。こんな状況ですので、良かったらオンラインでのレッスンにお気軽にお問い合わせください。銀行振込、PayPalでの決済ができます。近々、ウエブサイトにオンラインレッスンのページが立ち上がりますので、追々ブログ、Facebook等でお知らせします。
私も手洗い、うがいを充分にしてコロナウィルス対策をしております。皆様もどうぞお気をつけください。それでは、また。

2019年7月7日日曜日

ジョアン・ジルベルト氏死去

ジョアン・ジルベルト氏(ブラジルのボサノバ歌手、ギター奏者)が、家族によると6日、ブラジル・リオデジャネイロの自宅で死去、享年88歳。
私が1990年半ば、「ジョアン・ジルベルトの伝説」というCDアルバムと出会っていなければ、私の人生は全く違う道を歩んでいたはずです。特に「Este seu olhar まなざし」という曲を聴いて、歌とギターの弾き語りでこんなにも粋な歌を聴かせることができることに魅了されました。
一聴しただけではわかりませんが、聴き込むほどに、そしていざ、自分が再現しようとしてみると、歌唱力、リズム感、ギターのトーンとタッチの素晴らしさに気づかされるのです。ジョアン、あなたの音楽に出会えて、本当に良かった。一生共にできる音楽を創造されたことに深く敬意を評します。ありがとうございました。安らかなご冥福を心よりお祈り申し上げます。


2019年3月23日土曜日

新ボサノヴァワークショップ第1弾

みなさん、こんにちは。

昨日北関東に吹いた強風はすごかったですね。そのせいもあってか、花粉症の症状が酷かったです。

昨日はPLUS+アンカーさんにて、ボサノヴァとヒーリングを知ってもらうワークショップの新規第一弾を開催しました。普段はお教室として使用されているお部屋ですので、サロンミュージックとしてのボサノヴァ、また音楽ヒーリングにはぴったりの広さでした。

先づは、ボサノヴァのスタイルの創始者ジョアン・ジルベルトの音源とともに、完全再現して演奏。当時の雰囲気を聴いていただき、それをヒーリングのテイストで演奏。以降はシュタイナー教育や古のエジプト、ギリシャでも使用されていたというA=432Hzでのヒーリング演奏のチューニングで楽曲を聴いていただきました。加えて、ボサノヴァについて、またボサノヴァの音楽のヒーリング効果などを解説。1時間半の予定をオーバーしての終了となりました。


PLUS+アンカーさんではまた行う予定です。次回は高崎のカフェで行いますので、近々お伝えしようと思います。また、ジョアン・ジルベルトの初期の音源のカバー演奏をYoutubeで動画にアップしようと思いますので楽しみにしてください。

2019年2月18日月曜日

ワークショップ開催のお知らせ

みなさん、こんにちは。
お知らせです。来月の322日(金)にボサノヴァワークショップを行います。場所はPLUS+アンカーさんです。

PLUS+アンカーさんのウエブサイトはこちら→PLUS+アンカーウエブサイト

古民家の落ち着きの風情のあるカフェです。カフェは1階の広間で、薪ストーブもあって、温もりのある空間です。そのカフェの上の2階が多目的なスペースとなっていまして、習い事の教室ともなっているお部屋でのワークショップとなります。

演奏&レクチャー 田村ひろ

場 所 PLUS+アンカー(桐生市本町六丁目382)
日 時 2018322日(金)PM2:00~
参加費 無料 (お飲み物代500円)

お申込みはメールにて、参加者のお名前、
つながりやすい連絡先を明記の上、
hirotamura@mac.comまでお申込みください。

お問い合わせ先
アモローゾ 田村ひろ (http//:www.hirotamura.com)
TEL 080-3691-6796
Mail hirotamura@mac.com


内容は、「リラクゼーションとしての音楽ボサノヴァ」がテーマでボサノヴァの演奏、癒しの歌詞の朗読、ボサノヴァの解説(どういったところがリラクゼーションの効果があるのか?)をします。

今回のワークショップは無料ですが、お飲み物代として500円をお支払いいただきます。


ブラジルのエスタブリッシュの子息の間で広まった、正に豊穣の音楽ボサノヴァ。ヒーリングとしての音楽の良いところはただ、演奏の空間にいるだけで共鳴していくので、理屈ではなくダイレクトに癒されることです。静寂の中でゆらぎのヒーリングに豊かに浸れる機会ですので、ぜひぜひお気軽にご参加ください。


2019年2月10日日曜日

ジョアン・ジルベルトの話題

みなさん、こんにちは。
今回はボサノヴァのスタイルを創った人物ジョアン・ジルベルトのBlu-ray作品の発売と上映のお知らせです。
映像は2006年東京国際フォーラムAでのライブ、João Gilberto LIVE   IN TOKYOの模様を収録したもので、ジョアンの公式ライブ映像は世界初、しかも唯一のものだそうです。五千人の聴衆を前に淡々と弾き語る、まさにボサノヴァの真髄の映像が見られることになりますね。

詳しくはこちらのサイト→SPACE SHOWER MUSIC ジョアン・ジルベルト

また、この映像は映画館でも公開されるそうです。


2003年の初来日の際は、私も東京国際フォーラムのコンサートに足を運びました。五千人の満員の聴衆を前に、たった一人での弾き語りのコンサート。私の席は1階の最後尾で、ジョアンの姿は米粒ぐらいにしか見えません。そして演奏される音は非常に小さな音なのですが、温もりがあり、最後尾の私にもしっかりと音が伝わってくるのです。これがボサノヴァなんだと感動しました。そして興味深かったのは右隣の会社帰りのスーツを着ていたサラリーマン風のお客。途中からすっかり寝落ちしてましたw


2004年の再来日のコンサートはライブ盤としてCDがリリースされていますが、映像は公式では初となります。ブルーレイの方は5000本の限定発売だそうですので、売り切れ後はBSなどで放送されるといいですね。初来日の頃、東京では著名な方々、音楽関係者の間で話題となっていましたが、今年もちょっとした話題となるかもしれません。


2019年2月1日金曜日

ボサノヴァからのメッセージ

みなさん、こんにちは。月日が経つというより、時間の流れがどんどん加速していて、うっかりしていると置いていかれることを感じます。
今回はボサノヴァの歌詞についてです。去年、地元桐生市での桐生創造市で演奏させていただいたのですが、プロの司会者の方に演奏曲の訳詞を朗読していただきました。私がボサノヴァという音楽を一生歌っていこうと決めた2000年、ワンマンライブを開くのに歌詞の訳詞を、来てくださるお客さんにお渡ししようと思い、当時住んでいた東京の田無のカフェレストランで1曲、1曲、自分で訳していました。すると、その歌詞の内容は、ある曲は自分へのメッセージであったり、自分を癒してくれるものであったり、美しさで感動する内容だったりしました。それは、まさに私にとって神様からの贈り物であって、訳しながら感動して涙していたりしました。桐生創造市さんのイベントのテーマが「ギフト」であったので、とても感慨深いものになりました。
今回ご紹介させていただく歌は「Se todos fossem iguais a você もしもすべてがあなたと同じであったなら」という曲です。1999年公開されたブラジル映画「オルフェ」のエンディング曲で知ったのですが、元々は「黒いオルフェ」の元となった戯曲の中での曲であり、アントニオ・カルロス・ジョビンとヴィニシウス・ヂ・モラエスのはじめての共作だそうです。

歌詞訳詞

あなたの人生を生きなさい
あなたの道は愛と平和からなのです
あなたの人生を生きなさい
愛の美しい歌なのですよ

両腕を広げ
最後の希望の歌を歌いなさい
平和の 愛の 聖なる希望を

もしもすべてがあなたと同じであったなら
いつもなんとすばらしいことだろう

辺りに歌があふれる

女性を
街を
ほほえみを歌う歌が

太陽のような 
花のような
光のような
愛の美しさを望む歌が

真実はあるのだろう
まだ誰も見たことのない真実
もしもすべてがあなたと同じであったなら

映画「オルフェ」の中では、死んだはずの主人公の二人、オルフェとユリディスがカーニバルの中で幸せに満ちている現実の中にいる描写で幕を閉じます。まさに曲とシーンが昇華し、感動で涙しました。
その感動とともに渡ったリオでしたが、現実のリオは貧富の格差が激しく、治安も悪く、11日を貧困と絶望でで喘いでいる人々を目の当たりにしました。ある日、コパカバーナの海岸を散歩して、ベンチに座って海岸を眺めていました。すると、ベンチの下にいた空き缶を拾って生計を立てているらしい黒人がむっくりと立ち上がったと思うといきなり、その袋に入っていた空き缶をぶちまけました。その時のその人は明らかに自暴自棄になっているようでした。翻って、今日の日本の現状も格差社会が進み、私の街桐生市の商店街の状況も停滞したままです。
私はこの曲を歌わせていただく度に、祈らずにはいられません。社会に不正はなくなり、世界が平和と自由に満ち、共存共栄共生の中で自然は尊重されている世界が実現していることを。

歌で、音楽だけで世界が救われるとは思っていません。ですが、市場のように、色んな人が集まり、つながり合って、協力し合う。その中に音楽というもので関わらせていただければと思います。